DCでの日々やあれこれ…
by yaezakura6024
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Shops
Attractions
Events
Life
Gays
最新の記事
『Apple Store』 ..
at 2010-09-13 11:14
『Crêpe Amour』 ..
at 2010-09-12 10:34
『Eastern Market』
at 2010-09-07 00:01
『Corcoran Gall..
at 2010-09-06 09:45
『Patty Boom Bo..
at 2010-09-05 21:46
フォロー中のブログ
Smile Beauti...
風の住む街  I'm i...
お気に入り
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


就任式パレード準備、着々と進行中

a0170036_83606.jpg


 こちら、Pennsylvania Avenueがホワイトハウスの真裏を通っている地域。
 道の両サイドで着々と工事が進められています。
 
a0170036_8362697.jpg


a0170036_8364598.jpg

 
 だいたい20段ほどの階段状の特設観客席を、この通りずら~っと建設中。
 もちろん、いよいよ来週火曜日に迫ったオバマ大統領の就任パレードに押し寄せる観客用です。

 当日はなんと200万~300万という群集が集まると予測されている世紀の一大イベントである就任式とパレードですが、もちろんその何百万人の中にどんな不遜な輩が潜んでいるとも限らないので当日の警戒態勢は最々々々大レベル。
 
 先週から地下鉄やバスの運行停止や変更、車両の通行規制の通達は流ていて、果てには歩行者までもが規制の対象になり、パレード進路周辺の全道路が閉鎖、観覧するには街の中に数ヶ所だけ設けられたチェックポイントを通って中に入らなければならないという話まで。(これの真否はまだ不明)

 単純に計算すると一つのチェックポイントに約20数万人が集まるということになる。
 でも、小学校の運動会よろしく前日からの場所取りは禁止ということなので、早朝から出かけたとしても果たして入場ができるのか、それだけの人数が物理的に整理できるのか、と情報は錯綜まったくわけのわからないことになっている。

a0170036_8383646.jpg


a0170036_8385460.jpg


 VIP用なのか、特別観覧台もこうやって建設中。

a0170036_8394629.jpg


 ホワイトハウスの真裏までこの通り。

a0170036_8401488.jpg


 この広い通りを、当日新大統領と夫人を乗せたオープンカーが大歓声を浴びながら通過していくのだろう。

 わたしはちなみにパレードを観覧しに行く予定はなし。
 これだけの人手だと、もうNYの独立記念日の花火どころの騒ぎではないし何時間も立ちっぱなしでようやくオバマ大統領の頭の先ぐらいが見える程度なら、ゆっくりテレビで見ていた方がよっぽどまし。。。とさっさとくじけました。
 同じ理由で結局NYでは一度もタイムズスクエアの年越しには行かなかったし。。。

 これがゲイ・パレードなら数時間前から場所取りだってやるし何が何でも最前列に出て激写しまくるのに、今回に関してはオバマ大統領には申し訳ないけれども、もう若くない限りある体力は大切に。。。

a0170036_8423993.jpg


 Pennsylvania Avenue部分を抜けて、15 Street沿いに財務省の真横を下っていく道も観覧席で埋まっている。

a0170036_8432211.jpg


 彼方に見えるワシントン・モニュメントが立つ『The Mall』と博物館群の付近は、当日まさに比喩でなく「人の海」になるのだろう。

a0170036_8435684.jpg


 さて、また来た方向に戻って、こちらは現在オバマ一家の仮の住まいになっている『Hey Adams Hotel』の正面側。

 明るい日差しの中で見てみると、屋上までテントが張られて360度全方位警戒。

 裸眼視力2.0を誇るわたしの視線が、とらえたものは・・・

a0170036_8445175.jpg


 ここにもしっかり警戒要員がいました。

 このホテルの付近にはやたらと「一見普通のビジネスマン風に見えるけど、妙に体格のいいお兄さん・おじさん」達が何気なく歩き回っているように思えるのは、たぶんわたしの気のせいじゃぁないでしょう。。。ね。

a0170036_846475.jpg


 こちら側からホテルを見て初めて気づいたのが、真向かいのビルにでかでかと掲げられているこのサイン。かなり巨大であるのがわかってもらえるでしょうか?

a0170036_8464349.jpg


 書いてあったのは「Welcome! Maria and Sasha」、オバマ氏の2人の愛娘さんたちへの歓迎のサインというわけです。

 まさか企業の広告なら許されないはずなので教育団体か子供のための団体だろうかとおもったら、隅っこにあった団体名は『AFL-CIO』(米国労働総同盟産業別組合会議)!

 なぜ労組!?

 答えは、このビルがその労組の本部だから、でした。
[PR]
# by yaezakura6024 | 2008-01-15 23:42 | Events

職場の周りは、厳戒態勢♪

 月曜日からさっそく初出社しました。

 徒歩15分ぐらい?と見越していたアパートの部屋~職場は、実は急ぎ足で歩くと5分で着いちゃった!という新事実にびっくりしながら職場のあるブロックに近づくと・・・

a0170036_8285552.jpg


 いきなり、道路封鎖。

 車は完全に通れないようになっていて、歩行者もこのブロックに職場のある人々だけ。
 
 さすがホワイトハウスの真裏だ、もうそろそろ新大統領就任式も近いから警戒を固めてるのね~、と感心しつつビルの中に入った。

a0170036_8293131.jpg


 ひっじょ~っに!見えにくいですが、写真左手の木立の向こうに見えるのがホワイトハウス。

 そして新年のお休みから明けて出勤してこられた上司、諸先輩、同僚の皆様にどうもどうもと挨拶をしてるうちに、外のこの厳戒態勢の本当の理由がわかった。

 わたしが列車に乗ってワシントンDCにやってきたその同じに日に、同じようにシカゴからこの街に移ってきた(ただし、こちらは専用ジェット)パパママ+娘2人の一家族。

 その一家族が残り2週間の仮の住まいとして入ったのが、なんと職場と背中合わせに立っているホテルだったのです。

 もう当然お分かりの通り、その御一家とは、オバマ氏ファミリー。

 しかも、通常より早くワシントン入りした理由は「娘達がこれから通う小学校の冬休み明けの授業が今日から始まるから」というもの。

a0170036_831172.jpg


 これが、そのホテル『Hay Adams Hotel』

a0170036_8312238.jpg

 
 正面玄関側のこちらの通りの封鎖・警備っぷりは、当然のことながらこの通りの完全ガード状態。

 これから2週間この警備状態は続くけれども、DC北西地区&わたしの毎日は何事もないように淡々と続いているのでした。
[PR]
# by yaezakura6024 | 2008-01-07 22:42 | Events