DCでの日々やあれこれ…
by yaezakura6024
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Shops
Attractions
Events
Life
Gays
最新の記事
『Apple Store』 ..
at 2010-09-13 11:14
『Crêpe Amour』 ..
at 2010-09-12 10:34
『Eastern Market』
at 2010-09-07 00:01
『Corcoran Gall..
at 2010-09-06 09:45
『Patty Boom Bo..
at 2010-09-05 21:46
フォロー中のブログ
Smile Beauti...
風の住む街  I'm i...
お気に入り
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Events( 4 )

『Tea Party』の大集会

『Hirshhorn』美術館に行ったのは、8月28日。

この日は、さかのぼること47年前の1963年、キング牧師がここDCのリンカーン・メモリアルの前で超有名な「I have a dream」の演説をした日です。
全米の黒人にとっては非常に重要な意味をもつこの日、特にDCは黒人比率が55%以上(白人はここではマイノリティーなのです)の街なので、毎年National Mallでは記念の行進やイベントがあるよう。

朝からテレビでもイベントの準備の様子が流れていて、どうせ美術館に行く途中にMallは突っ切るので、ちょっとのぞいてみようかな、と。

思ったわけですが。

a0170036_9353486.jpg


ワシントン・モニュメントからリンカーン・メモリアルの間、Mallの西半分は、人のじゅうたん状態。しかも、極端なまでに、白人ばっかり。
ここに自転車で来るまでにも、ミニ星条旗を手にした白人の家族連れ集団がわさわさと歩いているのにすれ違いながらだった。たまたま観光ルートがぶつかったらしきアジア人やインド人のツアー団体以外は、見事に、白人、白人、また白人。

よりにもよって、この日、この場所に、『Tea Party』の大集会をおっぱじめていたのです。

日本では茶会党と紹介されているようですが、この集団、ここ1年ぐらいで急速に全米で巨大化した団体。基本、コンサバ、共和党支持、オバマ政権を「社会主義」呼ばわりし、何事にも「われわれの税金を無駄遣いしやがって」と叫ぶ集団。

そして、本人たちは否定しますが、誰がどう見ても、有色人種差別の傾向が色濃い集団でもあります。

そういう人たちが、この記念すべきに日に記念すべき場所で大集会。

a0170036_946179.jpg


。。。つくづく、なんでアメリカ人って無用に挑発的・好戦的なんですかね?

(しかも、なんで最も侮辱的な方法を選ぶんだろう?。。。)

そんな彼らはFOXチャンネルの大ファンなのですが、なんでもカリスマ的トークショーホストが演説をしているらしい。しかもゲストに、彼らのアイドル、ペイリン元アラスカ州知事まで来ているらしい。

a0170036_9472015.jpg

a0170036_947358.jpg
a0170036_9474614.jpg


久しぶりに、「周りを見回しても白人の海の中にアジアンわたし一人」という状況ではあったけれども、そこは大して気にしない性分。せっかくだからちょっと前の方に行って演説ステージでも見てみようと突破を試みてみたものの。。。


あえなく、挫折。

とにかく、みんなデカイ、でぶい、のろい、そして、汗臭い(とってもいい天気だったので。。。)

普段のDCは非常にリベラルで頭のよく、礼儀正しい人たちの街なので、道を譲ってもらったり、場所を空けてもらったりというのがごく当たり前でそれに慣れていたのだけど。
いや、久しぶりにわたしは「存在しない存在」という気に、とってもさせられるひと時でございました。

a0170036_9542759.jpg


それほどどうしても見たいモノでもなかったので、とっとと自転車に引き返して美術館に向かったのでした。

。。。ひさしぶりに、「これがホントの大多数のアメリカン」を再認識いたしましたよ。

いろんな意味で。(ため息)

a0170036_9563290.jpg

[PR]
by yaezakura6024 | 2010-08-31 09:57 | Events

大統領就任式の裏通り

 一昨日の1月21日には今後アメリカの歴史を語る上では絶対に欠かせない、世紀の大イベント「オバマ新大統領の就任式」があった。

 就任式やパレードに関しては日本でも実況生中継や何やらで、これでもかと繰り報道されていると思うし、アメリカ在住の他のブロガー様たちもこぞって書いていると思うので、わたしが今さら書く必要もないでしょう。

 しかも、就任式もパレードも見に行かなかったし。。。

 現場から非常に近い場所にいたものの、仕事だし、そもそもチケット持ってないし、記録的な寒さの中で数時間もたちっぱなしでゴマ粒みたいなオバマ夫妻見ても仕方ないし。。。。(言い訳言い訳)

 でも実は、数日前から繰り返し流れていた当日の厳しい交通規制や道路閉鎖の情報から、うちの職場は前日夜からみんな職場に泊まり込んでいたのです。

 NYからアムトラックで帰って来る過程で、通常なら3時間半ですむ乗車時間がなんと1時間以上も余計にかかった。あげくに、DCのユニオン駅に列車が入る前になぜか30分も止められ、ようやく到着した駅周辺は完全に車両進入禁止。
 そこらじゅうにあふれてぶらつくおのぼりさん達を蹴倒したい気分を抑えながら駅エリアの外側まで歩いて、たまたま誰かが目の前で降車したタクシーをもぎ取った。

 普通ならアパートまで一直線の道、ものの10分で到着するのが、就任式前夜のパーティーやらコンサートやらで市内中が交通規制で、ぐる~っと大回りしてようやくアパートに到着。荷物を置くと、再び部屋を出て、普段とは大違いに人が溢れる夜のDCダウンタウンをとことこ歩いて職場に入り、そこで一夜を明かしたのだった。

 もともと「自衛隊出身ってことは・・・体力ありますよね?」って念を押されて採用された仕事だけど、さっさと元自の経歴がいかんなく発揮されている・・・。

 そして、一夜明けて21日の朝7時。

 床に敷いて寝ていた野外用簡易マットからのそのそと這い出し、まずは窓の外を確認した。

 就任式・パレード地域に入るためには数ヶ所だけもうけられたチェックポイントを通過しなければならず、大抵の人たちはすぐに連邦議会の真向かいに広がる「National Mall」に南東側から入るはずなので、Mallの北西、ホワイトハウス裏に位置するこの職場近辺まで到達するには、少し時間がかかるだろうと思っていたら。。。

 すでに、歩いてる人たち発見。

 この時間に歩いてる人たちは、間違いなくほぼ徹夜状態でゲートの前に待っていた「とてもやる気のある人たち」に違いない。
 なんと5~6歳ぐらいの子供たちまで手を引かれてとことこ歩いているファミリー主体のこの第1集団は、圧倒的に黒人の人たちだった。

 そして。。。 

a0170036_8594681.jpg


 まだ、日本の歩行者天国で普通にありそうな人ごみ、観光客で溢れるNYの五番街ならこれより混んでるかも・・・程度だった、人の波は・・・・

a0170036_925290.jpg

 
 あっという間に、ぞろぞろ、

a0170036_931620.jpg


 ぞろぞろ、ぞろぞろ、ぞろぞろぞろ・・・・

a0170036_935995.jpg


 うわ~!!! すっごい!!!

a0170036_942422.jpg


a0170036_944643.jpg


 推定200万人の見物客の「ほんの一部」、National Mallの南東地区へのルートがキャパ一杯で閉じられた後に、北西からぐる~っと回って入ることを余儀なくされた人達の群れ。。。だそう。

a0170036_955977.jpg


 風や雪が降らなかったからよかったものの、当日の気温は零下10度近く。

 今冬でも一、二を争う寒さの朝、事前に「零下の気温で最低2キロ歩く体力のない人たちは来ない方がいい」という通達(警告?)が出ていたほどだとか。

 早朝の徹夜組らしき人たちの格好は、もうコートの上からマフラーや毛布までぐるぐる巻きで、即席ホームレスのような大集団が黙々と同じ方向に歩いているのは、いっそ不気味だった。

a0170036_973032.jpg


 もちろん、2キロ行軍が終わったらそれでおしまい♪ではなく、彼らはこの後数時間、寒空の下立ちっぱなしで就任式を待つ運命。

a0170036_9826100.jpg


 ちなみに、この就任式の後の昼食会では老齢の議員(一人はケネディー議員)が二人も寒さと疲労で倒れるというニュースまで起きた。

 式の直前までは温かい室内にいて、式の間も座っていられた人たちでも倒れるのだから、徹夜明けの上に2キロ行軍した後4~5時間立ちっぱなしで待っていた人達の執念と気力たるや、想像を絶するものがある。

 その執念の原動力こそが、オバマ大統領なのだ。



 さて、約1時間遅れの3時半から始まったパレードは最初のうちは大統領夫妻が車に乗ってゆっくりと進むだけなので意外と退屈で、ちょっとルート近くを歩いて現場の雰囲気だけでも味わおうと外にでた。

a0170036_9111295.jpg

 パレードの最終地点、観閲台を裏から見るとこんな感じ。こちら側の台は主に報道機関用。

a0170036_91201.jpg

 就任式の前の慣例として大統領夫妻が礼拝をする『St. John's教会』は先日まで新大統領家族が住んでいた『Hey Adams』ホテルの向かい側。
 外側がべたっとパステルイエローなので、他の歴史的な教会に比べるとあまり外観に荘厳さは感じられないので、そのまま通り過ぎてしまいそうになる。

a0170036_9132885.jpg

 この日この人ごみにあわせていろんな団体やグループが来て、ビラやパンフを配ったり、デモンストレーションをしていたけど、これもその一つ。

a0170036_9135625.jpg

 早朝から人ごみとともに入ってきたオバマ・グッス売りの人たちもそこらじゅうで商魂たくましく店を広げている。
 NYと違うのは、人ごみにしても物売りにしても、圧倒的にアジアンの姿が少ないこと。ほとんどが白人か黒人かの二極両端で、ラティーノ系すらもかなり少ない。
 
 DC自体がそんな感じで、ここにいるとアメリカに来て初めて「アジアンは全人口のほんの数%しかいない、圧倒的なマイノリティーである」という事実を実感する。
 
a0170036_915717.jpg

 なにやら塀の上の少しでも高い場所にずらりと並ぶ人々。

a0170036_9153443.jpg

 このようにフェンスでパレードルートに通じる道は完全に封鎖され、チケットを持っている人たちだけが中に入れるようになっている。
 そのチケット保持者ですら、早めに来なかった人たちは「キャパいっぱい」と閉じられたゲートからもはや入ることはできず、こうしてフェンスの向こうから少しでもパレードの様子を見ようとここに集まっているのである。

a0170036_9241074.jpg

 白いテントがチェック・ゲート。

 そのむこうに見えるのが階段状の観覧席とラッキーにも入れた人々。

 左に見える建物は財務省で、ここからが前の記事で写真をのせたホワイトハウス裏側のパレード最終地点。

 この後、オバマ夫妻が遂に車を降り、観衆に手を振りながら歩いたのは、まさにこのゲートの向こうのあたりからだった。


 さて、この日一番目を引いたのが、こちらのグループ。

a0170036_9253757.jpg

 まだ朝の早い、人ごみがそこまで溢れていなかった時にひときわ目を引くオレンジの服。
 ガンタナモ・ベイの捕虜収容所に対する抗議活動のグループである。

 この姿で街中を黙々と歩いていたのとは全然関係なく、だろうけど。
 あっという間に静けさが戻り、まったく通常通りのようなDCのホワイトハウスで今日1月23日、オバマ大統領は「ガンタナモ・ベイ収容所閉鎖」にサインをしたのだった。


 何が正しくて、何が間違いかはよくわからないけども。
 どうか、アメリカが、どうかよい方向に向かっていきますように。

 人々が憧れた「良きアメリカ」が戻ってきますように。
[PR]
by yaezakura6024 | 2008-01-23 23:49 | Events

就任式パレード準備、着々と進行中

a0170036_83606.jpg


 こちら、Pennsylvania Avenueがホワイトハウスの真裏を通っている地域。
 道の両サイドで着々と工事が進められています。
 
a0170036_8362697.jpg


a0170036_8364598.jpg

 
 だいたい20段ほどの階段状の特設観客席を、この通りずら~っと建設中。
 もちろん、いよいよ来週火曜日に迫ったオバマ大統領の就任パレードに押し寄せる観客用です。

 当日はなんと200万~300万という群集が集まると予測されている世紀の一大イベントである就任式とパレードですが、もちろんその何百万人の中にどんな不遜な輩が潜んでいるとも限らないので当日の警戒態勢は最々々々大レベル。
 
 先週から地下鉄やバスの運行停止や変更、車両の通行規制の通達は流ていて、果てには歩行者までもが規制の対象になり、パレード進路周辺の全道路が閉鎖、観覧するには街の中に数ヶ所だけ設けられたチェックポイントを通って中に入らなければならないという話まで。(これの真否はまだ不明)

 単純に計算すると一つのチェックポイントに約20数万人が集まるということになる。
 でも、小学校の運動会よろしく前日からの場所取りは禁止ということなので、早朝から出かけたとしても果たして入場ができるのか、それだけの人数が物理的に整理できるのか、と情報は錯綜まったくわけのわからないことになっている。

a0170036_8383646.jpg


a0170036_8385460.jpg


 VIP用なのか、特別観覧台もこうやって建設中。

a0170036_8394629.jpg


 ホワイトハウスの真裏までこの通り。

a0170036_8401488.jpg


 この広い通りを、当日新大統領と夫人を乗せたオープンカーが大歓声を浴びながら通過していくのだろう。

 わたしはちなみにパレードを観覧しに行く予定はなし。
 これだけの人手だと、もうNYの独立記念日の花火どころの騒ぎではないし何時間も立ちっぱなしでようやくオバマ大統領の頭の先ぐらいが見える程度なら、ゆっくりテレビで見ていた方がよっぽどまし。。。とさっさとくじけました。
 同じ理由で結局NYでは一度もタイムズスクエアの年越しには行かなかったし。。。

 これがゲイ・パレードなら数時間前から場所取りだってやるし何が何でも最前列に出て激写しまくるのに、今回に関してはオバマ大統領には申し訳ないけれども、もう若くない限りある体力は大切に。。。

a0170036_8423993.jpg


 Pennsylvania Avenue部分を抜けて、15 Street沿いに財務省の真横を下っていく道も観覧席で埋まっている。

a0170036_8432211.jpg


 彼方に見えるワシントン・モニュメントが立つ『The Mall』と博物館群の付近は、当日まさに比喩でなく「人の海」になるのだろう。

a0170036_8435684.jpg


 さて、また来た方向に戻って、こちらは現在オバマ一家の仮の住まいになっている『Hey Adams Hotel』の正面側。

 明るい日差しの中で見てみると、屋上までテントが張られて360度全方位警戒。

 裸眼視力2.0を誇るわたしの視線が、とらえたものは・・・

a0170036_8445175.jpg


 ここにもしっかり警戒要員がいました。

 このホテルの付近にはやたらと「一見普通のビジネスマン風に見えるけど、妙に体格のいいお兄さん・おじさん」達が何気なく歩き回っているように思えるのは、たぶんわたしの気のせいじゃぁないでしょう。。。ね。

a0170036_846475.jpg


 こちら側からホテルを見て初めて気づいたのが、真向かいのビルにでかでかと掲げられているこのサイン。かなり巨大であるのがわかってもらえるでしょうか?

a0170036_8464349.jpg


 書いてあったのは「Welcome! Maria and Sasha」、オバマ氏の2人の愛娘さんたちへの歓迎のサインというわけです。

 まさか企業の広告なら許されないはずなので教育団体か子供のための団体だろうかとおもったら、隅っこにあった団体名は『AFL-CIO』(米国労働総同盟産業別組合会議)!

 なぜ労組!?

 答えは、このビルがその労組の本部だから、でした。
[PR]
by yaezakura6024 | 2008-01-15 23:42 | Events

職場の周りは、厳戒態勢♪

 月曜日からさっそく初出社しました。

 徒歩15分ぐらい?と見越していたアパートの部屋~職場は、実は急ぎ足で歩くと5分で着いちゃった!という新事実にびっくりしながら職場のあるブロックに近づくと・・・

a0170036_8285552.jpg


 いきなり、道路封鎖。

 車は完全に通れないようになっていて、歩行者もこのブロックに職場のある人々だけ。
 
 さすがホワイトハウスの真裏だ、もうそろそろ新大統領就任式も近いから警戒を固めてるのね~、と感心しつつビルの中に入った。

a0170036_8293131.jpg


 ひっじょ~っに!見えにくいですが、写真左手の木立の向こうに見えるのがホワイトハウス。

 そして新年のお休みから明けて出勤してこられた上司、諸先輩、同僚の皆様にどうもどうもと挨拶をしてるうちに、外のこの厳戒態勢の本当の理由がわかった。

 わたしが列車に乗ってワシントンDCにやってきたその同じに日に、同じようにシカゴからこの街に移ってきた(ただし、こちらは専用ジェット)パパママ+娘2人の一家族。

 その一家族が残り2週間の仮の住まいとして入ったのが、なんと職場と背中合わせに立っているホテルだったのです。

 もう当然お分かりの通り、その御一家とは、オバマ氏ファミリー。

 しかも、通常より早くワシントン入りした理由は「娘達がこれから通う小学校の冬休み明けの授業が今日から始まるから」というもの。

a0170036_831172.jpg


 これが、そのホテル『Hay Adams Hotel』

a0170036_8312238.jpg

 
 正面玄関側のこちらの通りの封鎖・警備っぷりは、当然のことながらこの通りの完全ガード状態。

 これから2週間この警備状態は続くけれども、DC北西地区&わたしの毎日は何事もないように淡々と続いているのでした。
[PR]
by yaezakura6024 | 2008-01-07 22:42 | Events